Salesman image

振動計算サポート

A(8)暴露値を計算するには、カテゴリを選択してから機種を選択します。カルキュレータが表示されます。指定した機種の 1 日あたり予想作業時間を白色の項目に入力して、[Calculate(計算)]をクリックします。日振動暴露量の列から、各機種の結果を読み取ります。複数のツールを使用する場合、カルキュレータは 1 作業日あたりのツールの累積日振動暴露を計算して、日振動暴露の列の下のセルに表示します。1 日の作業時間には、オペレータの振動暴露時間と振動非暴露時間(休憩、メンテナンス、タンク補充など)の両方が含まれることに注意してください。

累積の日振動曝露量 m/s² A(8)
0.0
A(8) < 2.5 m/s².
日振動曝露量は、作業レベルを下回っています。振動を低減する必要はありません。
A(8) = 2.5 - 5.0 m/s²
1日当たりの振動が作動レベルを超過振動が原因によって発生する疾患のリスクが高まります。振動曝露量によるリスク低減に関するガイドラインは、ハスクバーナ推奨事項および指示書 2002/44/EC をご参照ください。
A(8) > 5.0 m/s²
日振動暴露が、暴露制限値を超過しています。1日の作業時間を減らす、もしくは等価振動レベルが低い機械を使用してください。